自動車保険とは?

自動車保険とは?

自動車保険とは自動車関連で事故が起こった時に損害を補ってくれる制度のことです。

 

例えば、自動車保険に入っていると、死亡事故を起こしてしまった時に、相手から受ける損害賠償を保険で支払うことができます。

 

自動車保険に入っていなかった場合、莫大な損害賠償を請求されても払えず一生払い続ける必要が出ることもあります。

 

しっかりと自動車保険に入っておくことで、自動車事故の際に、お金の問題が発生しにくいというメリットがあります。

 

自動車保険は自賠責保険と任意保険の2つに大きく分かれています。

 

自賠責保険とは別名強制保険とも呼ばれる自動車保険で、自動車を運転している人は強制的に入る必要があります。

 

この自賠責保険は国が入ることを義務付けており、入っていないと法律で罰せられるほど強制力の強い保険です。ただし、自賠責保険はそこまで補償範囲が大きくありません。

 

交通事故を起こしてしまった時でも、自賠責保険だけでは補えず任意保険で補ったり、貯金から損害賠償を払うことも多いです。

 

任意保険とは、自賠責保険で足りない部分を補ったり、自賠責保険で補償されてない部分の補償をするために入る自動車保険です。

 

名前の通り、任意で入るかどうかを決めることができ、強制的に入る必要はなく細かな設定やオプションがつけられる点が特徴です。

 

基本的には、自賠責保険だけでは不十分だと感じている人が多く、任意保険に入っている人の割合は70%を超えています。