補償内容の選び方

補償内容の選び方

自動車保険の補償内容を選ぶ際には、補償内容の重要性と、かかる保険料とのバランスを取る必要があります。

 

補償内容は、どれも重要なものなので、全ての補償を付けたいところですが、保険料が非常に高くなるというデメリットがあります。大体丁度良いと思える程度の保険料となるように、補償内容を厳選していく必要があります。

 

補償内容を選ぶ際には、どの補償を優先するかの優先順位をつけることが重要となってきます。優先順位をつけ、一番最優先のものから、補償を充実させていくと安心の補償となります。

 

自動車保険の補償内容は、事故を起こした相手への補償、自身や搭乗者用の補償、車両用の補償の3つに大きく分けられます。

 

一番最優先とされるのが、事故を起こした相手への補償です。

 

事故を起こした相手への補償は、非常に高額となってしまう例が多く、一番重要視される項目です。

 

特に対人賠償保険は、上限がない無制限のプランに入っておくと、いざという時にしっかりと賠償ができます。

 

対物賠償保険に関しても、できるだけ上限のない無制限のプランをすすめる人が多いです。

 

次に自身や搭乗者用の補償の場合、自損事故や無保険車両と事故を起こした時の保険、搭乗者に怪我をさせてしまった時の保険などが入ります。

 

この補償に関しては環境や運転技術などによって違ってくるので、それに合わせて保険料と相談しつつ入るか判断していきます。

 

最後に、車の補償の場合には代車費用が補償されているプランなどもあるので、必要だと感じられるプランのみを選択する制度となっています。